記事一覧はコチラ

代替財と補完財

2011-01-05 03:48
順番としては少し早いのですが、
ちょうどいい題材があったので先に書くことにしました。

代替財(だいたいざい)、補完財(ほかんざい)は、経済学の用語です。
人にはそれぞれ好き嫌いがありますよね。食べ物でも音楽でも映画でも何でも。
普通は、好きなもの、欲しいものを優先して買います。
優先順位を考える上で欠かせないのが比較です。
例えば、私はコーヒーより紅茶が好きなので、
月に紅茶を10杯、コーヒーを1杯と、紅茶をより多く飲んでいます。

ここで、「紅茶が好きなら、紅茶11杯、コーヒー0杯のほうがいいのでは?」
という疑問がわくかもしれません。
簡単に説明すると、(私は)同じものばかり飲んでいると飽きるんです。
紅茶を0杯→1杯としたときの喜びと、10杯→11杯としたときの喜びでは
前者のほうが大きい、と経済学では仮定しています。
ですから、[「紅茶を10杯→11杯とするよりも、コーヒーを0杯→1杯としたほうが良い」と考えて私は消費している]と説明出来ます。
(もちろん、紅茶11杯のほうが良いという人もいるでしょう)

話が少しそれましたが、
ある日突然、紅茶の価格が10倍に上がったらどうなるでしょうか。
紅茶をたくさん買えるほどのお金は無いので、
しぶしぶ、紅茶の消費を減らして、コーヒーの消費を増やします。
紅茶2杯、コーヒー5杯くらいになるでしょうか。
このように、一方の値段が上がったときに需要の増える財
代替財と呼びます。
(※正確な定義は、「ある財の代わりを為す財」「互いに他と競合関係にある財」です。
 というのも、代替関係にあっても、一方の価格の上昇がもう一方の需要の増加に
 つながらないケースが多く存在するからです。詳しくはWikipediaを参照してください。)

この例では、コーヒーは紅茶の、紅茶はコーヒーの代替財です。

次は補完財です。
補完財の定義は代替財の逆で、
「一方の値段が下がったときに需要の増える財」となります。
 (正確には、これは粗補完財の定義ですが)

簡単に言えば一緒に使うものは補完財です。
紅茶と砂糖、パンとバター、車とガソリン、などなど。
紅茶に角砂糖を2つ入れる人がいるとすれば、
紅茶を10杯飲むときには角砂糖の消費は20個。
紅茶が安くなって15杯飲むようになれば、角砂糖の消費は30個に増えます

注意する点と言えば、代替財とは違って、
必ずしも相互に補完関係にあるとは言えないことでしょうか。
上の例では、紅茶の消費が増えると角砂糖の消費も一緒に増えましたが、
反対に角砂糖が安くなってたくさん買うようになったとき、
角砂糖を使うために紅茶を多く飲むようになるかというと、少し疑問です。
もし角砂糖を主に紅茶に使うのなら、紅茶も砂糖の補完財と言えます。


さて、代替財と補完財の説明はこんなところですが、
今回こんな話を出した背景には、
新年イベントで色々なアイテムが生産されているというのがあります。

ピグ鼻、ピヨピヨマウス、おもちゃの鼻、高級装備強化書、
無期限アバター、各種イス が代表的でしょうか。

例えば、ピグ鼻の供給が増えたことで、潜在能力覚醒の書の需要が増え、
それに伴って相場も上昇しました。
復習もかねて言えば、潜在書はピグ鼻の補完財だったのですね。
さらに、潜在書の相場が上がったことで、売れにくくなった物があります。
ほとんどの装備はそうかもしれませんが、目立っているのは丈夫な機械手袋
blog120.jpg

年末までは15Mでよく売れていたのですが、現在10Mでも売れない状況です。
賽銭イベントでメルの需要が増えたので、その影響もあるかもしれませんが。
ピグ鼻の代替財を考えると、犬鼻やピヨピヨマウスがそれに当たると思いますが、
案の定、犬鼻の強化品の相場は急落しています。

何が言いたいかと言うと、どのアイテムが代替関係、補完関係にあるのか
知っておくことが、相場の変化を予測する上で重要だということです。
ピグ鼻と潜在書、ピグ鼻と犬鼻の関係は分かりやすいですが、
ピグ鼻と機械手袋の関係は、潜在書との関係を通して見えてくるものです。
なかなか見えにくい相互作用でも、その効果は意外と大きいこともあります。

今後の相場予測に役立ててもらえれば幸いです。
長文失礼しました。
スポンサーサイト
コメント

明けましておめでとうございます。
更新お疲れさまです。
いつもありがたく拝見させてもらってます。

私も楓で転売をたしなんでいて、大学では経済を学んでいます。

代替財と補完財は経済学において基本ではありますが、自分の身近なこととリンクさせることで、より理解も深まり、重要さにも気付かされますね。

また次の経済系の記事を楽しみにしてます。
無論、メイプル関連の記事も興味深くて面白いですよ。

初コメで長文になってしまいましたが、これからも更新頑張ってくださいね。

Re: タイトルなし

>>楓の者様
明けましておめでとうございます。
経済学の心得がある方からすれば稚拙な内容かもしれませんが、
このような感想をいただけて心から嬉しく思います。ありがとうございます。
今年もどうか宜しくお願い致します。

No title

たとえ話がわかりやすくて面白かった~。

キャンペーンで出るアイテムだけを見るんじゃなくて、もう一歩踏み込んで考えればいろいろと見えてくるものもありそうね。

勉強させてもらったところで、今年もよろしくお願いします。

更新頑張ってね!

Re: No title

>>れな様
少しくどすぎたと思っていましたが、楽しんでもらえて何よりです。
今年も宜しくお願いします。ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する