FC2ブログ
記事一覧はコチラ

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルの分配比率に対する1つの考え方

2015-01-09 15:36
今回は、各プレイヤーが経済活動を行った結果、
所得がどのように分配されるかを説明します。

流れとしては、まず新古典派所得分配論を簡単に説明し、
次にそれをメイプルに当てはめて考えます。
ここでは、『マンキュー マクロ経済学Ⅰ 入門篇 第3版』に沿って説明します。
新古典派所得分配論は、国民所得が生産要素間でどのように分配されるかについての
現代の理論です。
国民所得とは、家計(メイプルでは個々のプレイヤー)の所得の総計です。
生産要素とは、「財・サービスを生産するのに用いられる投入物」であり、
最も重要な生産要素として資本労働を考えます。
資本は「労働者が使用するさまざまな道具」で、
労働は「人々が働く時間」です。

生産主体(企業)は資本と労働を組み合わせて財・サービスを生産し、
それらを売って得たお金(総生産)が資本および労働に支払われます。
このとき、いくつかの仮定のもと、総生産(=総所得)は、
それぞれの限界生産力に応じて、資本への支払いと労働への支払いに分配されます


限界生産力とは、生産要素の量を1単位増加させたとき、生産量がどれだけ増えるかを
表すものです。
例えば、とある工場で、10台の機械と40人の労働者で製品を作っているとします。
この状態から、機械を1台増やすと出来る製品が20個増え、
労働者を1人増やすと出来る製品が10個増えるとすれば、
機械の限界生産力は20、労働者の限界生産力は10となります。
上述のように所得が分配されるとすれば、
機械への支払いと労働者への支払いは20:10 = 2:1 に分けられます。
ここで、機械への支払いというのは、機械の所有者への支払い(レンタル料)です。
労働者への支払いというのは、いわゆる賃金です。

総所得が各生産要素にその限界生産力に応じて分配されるとすれば、
メイプルではどのようなものになるでしょうか。
まず総所得は、プレイヤーが生産したすべてのメル・アイテムと考えます。
次に生産要素を、とりあえず資本と労働に分けます。
労働を「メル・アイテムの生産に費やす時間」とすれば、
資本に当たるものは何でしょうか。
私の答えとしては、それは
キャラクターの生産能力生産機会リアルマネー(NP)です。

生産能力は、生産物の回収能力と特に戦闘能力を指します。
戦闘能力がなければいくら時間をかけてもモンスターは倒せません。
また、アイテムを回収しなければ生産していないのと同じことです。
生産機会は、具体的に言えばボスとの戦闘機会です。
メイプルには回数制限が設けられているボスが多く、
市場で高価なアイテムの多くはそれらのボスのドロップです。
リアルマネー(NP)は、あばランやキューブにかけるお金で、
生産能力や生産機会では説明できないので加えました。

メイプルでは資本と労働を同じ人間が所有するので、
所得の分配が資本と労働に対しどのような比率で行われているかは、
市場におけるアイテムの価格などで判断することになります。
この理論のもとでは、アイテムの価格は資本と労働の限界生産力の和となります。

実際に理論をあてはめた例として、先に挙げた本にはペストと要素価格の話が
出てきます。
要約すると、ペストで人口が減少した結果、労働力の限界生産力が上昇し
実質賃金(労働力への所得分配)がおよそ2倍になった一方で、
土地の限界生産力は減少し実質地代は50%以上下落したとのことです。
労働量の減少によって労働力の限界生産性が上昇するといった説明を
この記事ではしていませんが、上の結果は新古典派所得分配論と整合的です。

メイプルで何か応用するとすれば、
例えば最近続いている接続障害があげられます。
接続障害によって、労働(プレイ時間)と生産機会が減少する一方、
生産能力とリアルマネー(NP)は変化しないと仮定すれば、
前者の限界生産力は増加し、後者の限界生産力は減少します。
したがって、前者に分配される所得は増え、後者のそれは減ります。
例を挙げれば、リアルマネー(NP)の投入のみによる生産物(あばラン等)
の価格は相対的に下がり、労働と生産機会が希少であるイージーマグナス等の
ドロップアイテムの価格は相対的に上がります。

なお、ここまでの話はすべて、ある仮定のもとで成り立つものです。
仮定についてはまた時間のあるときに書くと思いますが、
メイプルでは成立していないというのが私の見解です。

以上です。長文失礼しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。