FC2ブログ
記事一覧はコチラ

スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【育成考察】5-0.育成効率の一般式を求める下準備

2017-12-03 14:00
盛大に放置していた連載の5回目です。
私自身も何を書いていたのか忘れているので、この記事単体で読んでいただいて問題ありません。

メインキャラクターの火力を上げるにあたり、
メイン、サブそれぞれのレベルアップが大きな役割を持ちます。
よって、レベルアップの効率を求めないことには話が進みません。

大昔に書いた「育成効率分析(1)」で、
「新規アカウントでルミナスをLv30まで上げるのに、焼きそばを使うと効率が1.2倍になる」
という結果が出ていましたが、
この効率の増加の度合いを一般化しようというのが第5章のテーマです。

この記事はその下準備で、「こんなことをしようと思ってます」程度のものだと思ってください。


1. 目標(理想)

最終的に、ツールの形に落とし込みます。

まずは下図のような、特定の狩場における経験値効率を算出するツールを作ります。
leveling.png

次に、上のツールを応用して、育成ルートを加味した経験値効率算出ツールを作ります。
route.png

このようなツールが完成すれば、
・ユニオンレベルを上げるときにどの職業から育てれば良いか
・育成用の装備にどのくらいの費用をかければ良いか
などを考えていくことが可能になります。


2. 現実

現実は厳しく、上記のツールを作ろうとすると膨大な時間がかかります。
そんなわけで、ある程度時間をかけたら切り上げることにします。


3. ツール作成の指針

独断と偏見で「主要狩場」と位置付けたマップに対応するツールを作成します。

まずは、理論値と実測値の誤差を±30%におさえるのに必要な条件を網羅します。
現時点の想定では、下記の項目がおさえてあれば問題ないと思います。

・経験値倍率
・鬼神召喚数
・メインスキルの平均ダメージ
・メインスキルの対象数
・ルーンパーシスタンスのリンクレベル

それぞれの項目がどのくらい経験値効率に寄与するかというのは
私にとって興味のあるところで、
どちらかというとツールの作成はおまけと考えています。


今回はここまで。
次回は、経験値倍率の狩り効率への影響を考えていきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。